Ⅰ.cncKad:2D_CAD/CAM

 

  1. 製図機能                                        製図機能では、使いやすい2次元製図モジュールを使用した非常に強力なツールです。製図ツールの完全なセットに加え、接続されていない線や2重線などの幾何学形状の検証を自動処理しています。
  2. 加工割付                                        加工割付処理が製図機能と同一モジュールで使われているので、加工割付後でも図を書き入れたり割付処理を変更したりすることが可能です。加工割付機能は、機種毎に可能な加工が管理されています。現在の割付には、パンチ加工、レーザー加工、プラズマ加工、ウォータージェット加工、ガス熔断加工など、それぞれの加工においても、機械独自のオプション加工を追加できます。又、板金加工による加工割付の他にドリル加工など特殊加工も追加されました。御社で必要な加工があれば、その加工方法も追加できる先進ソフトウエアーです。
  3. ネスティング機能                                    標準ネスティング機能では自由なシート材から、すでに加工割付された部品を自由な場所に必要な個数を手動で簡単に配置できます。又オプションのAutoNestでは、複数の部品を自動図形認識し、部品自動選別処理、穴への部品挿入処理、自動グループ化処理など最大限の歩留まり処理を複数の材料に自動処理します。
  4. NCコード化                                       先進のポストプロセッサーでマクロを使用したパターン処理・最適加工順・タレット最小回転処理や機械特有の自動給油、バキューム、ストロークスピード変更処理など、機械特有のNC化の処理をします。
  5. シミュレーション                                    シミュレーションでは、様々な機械用のNCプログラムをシミュレーション画像で対応するので、加工された材料上の結果を見ながら視覚的にNCプログラムを編集できます。又、NCデータがあれば製図作成機能(オプション)を使用することにより、NCデータから製図データへとデータを変換することが出来ます。
  6. データ転送                                        作成したNCプログラムデータを、機械のNC制御装置へ簡単にデータ転送が出来ます。又、NCデータをNC制御装置からPCへデータ転送することも可能です。